『妄虎千夜一夜物語』

 「妄想は忘れた頃にやってくる」
 「助っ人は忘れたほうが丁度いい」
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
Notice
シーズンが開幕して、リアルなタイガースの前にしばし妄想は霞んでしまうようです。 でも、そんな時も“妄想菌”はしっかり養分を蓄えているのです。いずれ訪れるかもしれない湿りっぱなしの季節に備えて、じわりじわりと……。

〜妄虎千夜一夜委員会〜

↓ご来館の足跡に赤ポチッと!
blogranking
Special Contents
Selected Entries
Recent Comment
Categories
Archives
<< 夢十夜 序章 〜甲子園メニュー〜 | main | 夢十夜 第二夜 〜岡田構想〜 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
夢十夜 第一夜 〜焼きそば〜
第一夜

こんな夢を見た。
甲子園のライトスタンドで、阪神−広島戦を観戦していた私は、5回表の広島の攻撃を終えるのを見届けて、急いでトイレに駆け込んだ。
急ぐには理由があった。5回裏は、1番赤星からの好打順だからだ。
用を済ませてスタンドに戻ろうとしたとき、ふっと売店に目が留まった。
店に立つその店員は、明らかに日本人離れした風貌で、否が応でも視線が釘付けになった。
スラリと細身で長身。とりわけ細く長く伸びた腕が際立っていた。そして、一番目を見張ったのは、手のひら、眼球の白目、そして、たまにちらりと見せる歯の白さを除けば、見えている身体の肌という肌は、みごとに黒光りしていたことだった。白いタオルの鉢巻が巻かれた額には、黒褐色の肌に玉の汗が滲んでいた。

(ダーウィン・・・。なんでこんなところで、焼きそば焼いてるん?)

慌てて私は周りを見渡してみたが、誰も気にする様子もなく、そそくさとそのお店の前を通り過ぎるだけだった。
私は引き寄せられるように、そのお店のほうに近づいていった。
そして、その男の焼きそばを焼く慣れた手つきを、しばらく眺めていた。

「オニイサン、ナニシマショ?」

男の傍らで派手な緑色のバンダナをした、やはり細身、長身の茶褐色の女性が、私に、そう尋ねてきた。
私は、はっと我に返って女性の顔を見つめると。

「ダ、ダーウィン・・・」

無意識に、そう口走ってしまった。

女性は事務的に、こう尋ねてきた。

「ヤキソバダーウィン、イクツシマショ?」
「あっ、ひとつ・・・」
「450エンデス」
「あっ、ありがとう・・・」

財布からお金を出しながら、何故か、そう口にした私は、そのやり取りの間も、なんども男のほうに視線をやった。そういえば4月の開幕時に一軍枠に入れず、二軍で調整しているはずだったが、ここしばらくは音沙汰が無かったことを思い出した。

「もしや・・・」

そのとき、男はこちらに視線を返してきて、一瞬、ニヤリと笑った。
いや、笑ったような気がした。

ふっと屋台の下のほうに目をやると、ケバいペインティングで、こう描いてあった。

 阪神クビアン
 美味い!焼きそばダーウィン 450円

  ヒヤマサンもビックリや!
(桧山選手が目を丸くしているイラスト)








試合終了後、もう一度、その場所に行ってみた。
すでに店は閉店していた。
屋台の看板には、ただ「焼きそば 450円」とあるだけだった。


「第二夜 〜岡田構想〜」へ >>
| いわほー | 妄想 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメントを投稿する









url: http://mouko1001.jugem.jp/trackback/12