『妄虎千夜一夜物語』

 「妄想は忘れた頃にやってくる」
 「助っ人は忘れたほうが丁度いい」
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Notice
シーズンが開幕して、リアルなタイガースの前にしばし妄想は霞んでしまうようです。 でも、そんな時も“妄想菌”はしっかり養分を蓄えているのです。いずれ訪れるかもしれない湿りっぱなしの季節に備えて、じわりじわりと……。

〜妄虎千夜一夜委員会〜

↓ご来館の足跡に赤ポチッと!
blogranking
Special Contents
Selected Entries
Recent Comment
Categories
Archives
<< 夢十夜 第二夜外伝 〜トレード〜 | main | 夢十夜 第四夜 〜シャドー〜 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
夢十夜 第三夜 〜血液〜
第三夜

こんな夢を見た。
京都のとある医大の研究室。
教授「どうや。分析結果は揃ったか?」
助手「はい、教授。すべて出揃いました」
教授「金本選手の血液には、球界、スポーツ界のみならず、医学界も注目してるからな」
助手「私も担当させてもらえて光栄です」
教授「で、分析結果はどうやった?」
助手「血液年齢は20歳前半という、ありえない値がでてきました」
教授「うん、それで?」
助手「はい。組成・成分は血球成分、血漿成分の比率が45:55と平均的な値でした。PH値も標準域内。血球数や中性脂肪、コレステロール値、GOT・GPTの値も二十代の健康体そのものでした・・・」
教授「あんなあ、そんなんは人間ドックにでも行きゃあ分かることなんや。金本の血液年齢が23歳前後ちゅうことも世間に知れ渡ってるこっちゃ。それよか他に何かないんかいな?」
助手「えっ、他・・・といいますと?」
教授「例えばやなあ、一般ではありえへん成分が含まれてたとかやなあ」
助手「いえ、ごく普通でしたが」
教授「オモロない奴やなあ、君は。普通やったら誰もびっくりせえへんがな」
助手「そうおっしゃられても・・・」
教授「チタニウム合金が微量混じってて、そこから遠赤外線を発してたとかやなあ」
助手「ありえないです」
教授「例えばの話やないか。あるいは赤血球が自己増殖して、試験管の中でみるみる血球数が増えていったとか・・・」
助手「絶対ありえないです。それでは、まるで酵母や大腸菌じゃないですか、教授!」
教授「おいおい、そうムキになるなよ。例えばの話やがな」
助手「す、すいません」
教授「なんちゅうかなあ。こう、パッとインパクトのあるもんないんかいな。『金本の血液には驚きの秘密がかくされていた!』っちゅうようなもんが」
助手「教授、それじゃあまるで『あるある大辞典』みたいなもんじゃないですか。データを捏造しろとおっしゃるんですか?」
教授「何を言うんや君は!私も科学者の端くれ。『あるある』の捏造は科学にあるまじき行為やないか」
助手「いえ、もちろん、そんなつもりじゃ・・・」
教授「私が求めてるのはやなあ、つまり捏造やなくてインパクトなんや」
助手「どうも、そのインパクトというのが、私には良く分からないんですが」
教授「週刊誌やスポーツ紙の一面を飾るインパクトなんや。わからんかなあ」
助手「ええ、分かりません」
教授「もうええ。君にはしばらく休暇を与えたろ」
助手「えっ、そ、そんな・・・あっ、そういえば!」
教授「なになに」
助手「金本選手の血液と一緒に送られてきた検体のひとつに、特異な成分反応がありまして・・・」
教授「何や、その特異成分ちゅうのは?」
助手「はい。あまりにも反応が強かったものですから、もう一度、ガスクロマトグラフィーにかけてみたんです。そしたら、平均的な関東人の実に2,000倍に相当する量の『高分子カンサイアレルギー蛋白』が検出されました」
教授「2,000倍?で、その血液の検体IDは?」
助手「ええ、たしか"T.T"とありました」
教授「(TT)・・・」


「第四夜 〜シャドー〜」へ >>
| いわほー | 妄想 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメントを投稿する









url: http://mouko1001.jugem.jp/trackback/15