『妄虎千夜一夜物語』

 「妄想は忘れた頃にやってくる」
 「助っ人は忘れたほうが丁度いい」
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Notice
シーズンが開幕して、リアルなタイガースの前にしばし妄想は霞んでしまうようです。 でも、そんな時も“妄想菌”はしっかり養分を蓄えているのです。いずれ訪れるかもしれない湿りっぱなしの季節に備えて、じわりじわりと……。

〜妄虎千夜一夜委員会〜

↓ご来館の足跡に赤ポチッと!
blogranking
Special Contents
Selected Entries
Recent Comment
Categories
Archives
<< 夢十夜 第七夜 〜ミーティング〜 | main | 夢十夜 第九夜 〜B面のメドレー〜 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
夢十夜 第八夜 〜北京〜
こんな夢を見た。

時は2008年8月、真夏の太陽がギラギラ照りつける北京の『国家体育場』
嘗て、なにわの韋駄天ボーイと呼ばれたその男は、100メートル決勝の舞台に立っていた。

「準備〜」・・・・パーン!
スタートダッシュよろしく、その男は先頭を切ってグングン加速して行き、ゴールまであと10メートルで金メダルを確信した。
ところがゴール寸前、男は両サイドのレーンから突如追い抜かれた・・・・そのゼッケン番号は、52番と31番。

ゴールし、倒れこんだその男の脳裏に1年前の春の苦い思い出が蘇る・・・・
「くっそ〜 腰が、腰さえまともやったら〜!」
「あいつらに負けやせんとったがね〜!」・・・・



「お客さん!お客さん!もう看板なんですわ!」
「ん〜 うにゅうにゅ、え?メダルは?ヒック」
「お客さん、寝ぼけてるんですか?ここは藤原通りの『割烹・直久』ですよ」
「え?ヒック、あ、そうか、オヤジ後一杯だけちょ〜らい、ゲボッ」
「お客さん、ちょっと飲みすぎですわ、お連れさんも帰ったし」

「ん?俺、誰と来てた?ヒック」
「いや、名前は知りませんけど、ん〜顔はゆうたら悪いけど、猿みたいな顔してましたわ、ほんで2人ともベロベロなって、レギュラーがどうのこうの、○○の奴、怪我せえへんかな〜 バットで足しばいたろかとか、そらぶっそうな話してましたで」
「あっそうか、分かった、ハハ、ヒック、オヤジ、冗談や、冗〜談!ヒヒヒ、いや〜そんな事ゆうてたんか〜ハハハ まぁええわ、オヤジおあいそ!」
「あいよ!これですわ」と、オヤジがレシートを差し出した。

「ゲゥッ!7万はっしぇん3百円? どえりゃ〜たけ〜でよ〜 ヒック」
「あの〜 そら幻の銘酒『久保田(智寿)』2本も空けてるんですから」
「ヒック、まぁ、しゃ〜ない、ほんで、ちゅれは金置いていったんかな?ゲブッ!」
「いや、この人の方が、給料いっぱいもろてるゆうて、帰りはりましたわ」
「ウィ〜 しゃあないやっちゃな〜 はいこれ」



千鳥足の帰り道、もう春だとゆうのに首筋が寒くなっているその男の脳裏に、さっきの夢が蘇り、ポツ〜ンと一言つぶやいた・・・・「北京か、目指してみよかな〜」


「第九夜 〜B面のメドレー〜」へ >>
| 妄虎千夜一夜委員会 | 妄想 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメントを投稿する









url: http://mouko1001.jugem.jp/trackback/20