『妄虎千夜一夜物語』

 「妄想は忘れた頃にやってくる」
 「助っ人は忘れたほうが丁度いい」
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
Notice
シーズンが開幕して、リアルなタイガースの前にしばし妄想は霞んでしまうようです。 でも、そんな時も“妄想菌”はしっかり養分を蓄えているのです。いずれ訪れるかもしれない湿りっぱなしの季節に備えて、じわりじわりと……。

〜妄虎千夜一夜委員会〜

↓ご来館の足跡に赤ポチッと!
blogranking
Special Contents
Selected Entries
Recent Comment
Categories
Archives
<< 多恵 | main | 悪夢 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
朝日
未明から降り出した雨が通勤に向かう人たちの傘を濡らしていた
阪急南方駅近くの喫茶店で
メグミは憂鬱な表情で男がやってくるのを待っていた
中本さんとの別れから約半年
メグミの毎日は何一つ変わることはなかった

昨日、産婦人科で妊娠を告げられた
父親はわかっていた
金銭目当てに身体を許すことのないメグミにとって
少なくとも愛情を傾けた男であった
昨夜電話すると、出勤前の少しの時間なら会ってくれるという

やがてドアが開き、男がメグミの前に座った
男の顔を見た途端
メグミの両眼から涙が溢れ出した
「ゴメンナサイ、わたしアカチャンデキタ」
「神様は許してくれないケド、メイワクかけちゃイケナイカラ」
「わたし手術シタイデス、けどお金アリマセン」
「少しタスケテ下さい、オネガイシマス」
「ゴメンナサイ、ホントゴメンナサイ」
メグミは泣き続けた
男は何も話さなかった

ハンカチをぐしょぐしょにして
メグミが顔を上げた時

男は笑っていた

「メグミは俺と結婚したくないの?」
「おふくろ説得するの大変だなあ」

メグミの眼からまた涙が溢れ出した


赤星憲広は
電話で記者の取材を受けていた
敗者の弁を求める記者に怒りをぶつけていた
その誇りだけが自らを強くする術だという事を知っているから


多恵は息子の朝食を用意していた
もともとおとなしかった息子だが
最近では殆ど会話を交わすこともなくなった

夫が残してくれた工場の経営は苦しく
借金をしなかった夫のおかげで
なんとか生き永らえているいるような状態であった

息子の大輔は父の時代に付き合いがあった得意先を
毎日回っていたが
口下手な息子に営業が出来るはずもなかった

多恵は決心していた

工場を閉めようということを

息子が朝食の席につく
多恵が口を開こうとしたその時
電話が鳴った

「おばちゃん、センシュウって会社知っとるか?」
「うちの取引先やねんけど、石炭粉使てやってもええ言うてるねん」
「大ちゃんにすぐサンプル持って行かしてえや」
「品質は自信あんねんやろ」
「ええってええって、昔万引きしたプロ野球スナックのお返しや」

息子がかじりかけの食パンもそのままに飛び出して行った
多恵は両手で顔を覆ったまま
しゃがみこんで動けなくなってしまった


今岡誠は自宅のソファに座り
右手の傷を見つめながら冷遇された過去を思い出し
あの時の悔しさは本当の悔しさでなかったことに思いを馳せていた
本当の悔しさを知った今こそが自分の野球人生のスタートだと知っているから


ケンちゃんはその朝不機嫌であった
いつものように昨日の戦利品である空き缶をつぶしながら
大粒の雨を降らす空を恨めしそうに見つめていた
雨降りは強制休業になってしまうし
スクラップ屋まで愛車ではなく徒歩で行かなければならないからである

「おーいケンちゃん!!」

向こうからおまわりの真田が飛ぶようにしてやってくる

「ケンちゃん!ケンちゃんの本名は飛田謙吉やったな」

ケンちゃんは黙って頷いた

「ケンちゃん昔、西淀に住んどったんちゃうか」

ケンちゃんは黙って頷いた

「娘の名前は飛田茜ちゃうか」

ケンちゃんは頷けなかった

「捜索願いやケンちゃん!娘さんがケンちゃん探しとるんや!!」

何事が怒ったのかと
よっちゃんや中やんやひろしや安城のオヤジやマッキーやみぃちゃんが集まってきた

「ケンちゃん 娘さんのことばっかりずっと言うてたやんか」
「その娘さんがケンちゃんのこと探してんねん」

ケンちゃんはうつむいたまま
ぴくりとも動かなかった

みんなが日焼けした顔を並べて下からのぞきこむと
ケンちゃんはぼろぼろぼろぼろ大粒の涙を流していた

「ケンちゃん!泣くなやあ!」
「ケンちゃん!!よかったなああ」
「ケンちゃん!服買わんとアカンなあ」
「ケンちゃん!どうせまたすぐ逃げられるわ」
「なあケンちゃん!なんか言えや!」
「ケンちゃん!」
「ケンちゃん!!!」


ケンちゃんが垢と涙でぐしょぐしょになった顔を上げて言った


「今年は金本来たから優勝や」


金本知憲は結局一睡も出来ずにその朝を迎えた
あの日叩きつけたバットを握り締めながら
それでも前を向いていた
これまでも悔しくて眠れなかった夜があった
怖くて震えた夜も数え切れないほどにあった
そしてそんな夜があるからこそ
これからも戦っていけることを知っているから

それぞれの胸にそれぞれの朝が訪れた

守護神と呼ばれた男は子供の寝顔を見ながら
この子の為に屈辱を晴らすことを誓っていた

不死鳥と呼ばれた男は一人きりになってしまった部屋で
一心不乱にバットを振っていた

鉄腕と呼ばれた男はいつの間にか引くことの無くなった
右肩の熱をその手の平ですくいとっていた

引退を胸に秘めた男達は
それでもこの球団を選んだことが幸福であったと感じていた

鳴尾浜で輝いた男達は
来年こそ自らが聖地に立つべく爪を研いでいた

蔦の絡まる聖地では
いつもの男達がいつものように
未来の為に雨よけのシートを広げていた

それぞれの胸にそれぞれの朝が訪れた

奇跡の灯は消えたが
新たに希望の灯が点った

この愛すべき、愛されるべき野球チームと仲間たちの
新しい物語が幕を開けようとしていた


男はいつものように日経新聞を読みながらコーヒーを飲んでいた
階段を飛ぶように降りてくる息子の足音が聞えた
男は息子に声をかけた

「中日優勝してしもたわ」
「また来年やな」

自分を凌ぐほどの負けず嫌いに育っている息子の目に
みるみるうちに涙があふれだした

歯を食いしばり
直立不動のまま動けなくなってしまった息子に
声をかけようとしたその時

「素振りしてくる」

息子は雨の中を庭へ飛び出して行った

妻に激しく叱責されても
集団登校の時間が過ぎても
息子の素振りは止むことがなかった

やがて妻に引っ張られるように家に入ってきた息子は
びしょ濡れになった服を着替えると
何事もなかったかのような元気な声で

「学校行ってくる」

と飛び出していった

未来に向かって駆け出したランドセルの小さな背中を
男はいつまでも見つめていた
| Ryuhey | 妄想 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメントを投稿する









url: http://mouko1001.jugem.jp/trackback/37
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/12/10 9:46 PM |