『妄虎千夜一夜物語』

 「妄想は忘れた頃にやってくる」
 「助っ人は忘れたほうが丁度いい」
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Notice
シーズンが開幕して、リアルなタイガースの前にしばし妄想は霞んでしまうようです。 でも、そんな時も“妄想菌”はしっかり養分を蓄えているのです。いずれ訪れるかもしれない湿りっぱなしの季節に備えて、じわりじわりと……。

〜妄虎千夜一夜委員会〜

↓ご来館の足跡に赤ポチッと!
blogranking
Special Contents
Selected Entries
Recent Comment
Categories
Archives
<< やのっちかのっち 〜二人はなかよし〜 2007-4-28 | main | やのっちかのっち 〜二人はやけくそ〜 2007-4-30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
やのっちかのっち 〜二人はなかよし パート2〜 2007-4-29
○広島5−1阪神● (阪神2勝3敗)

広島でよもやの連敗。
昨日の杉山に引き続いての能見の背信投球に、お天気と真逆の不快指数値の高い攻撃ぶり。
試合終了後、ロッカールームにて。
再びキャッチャー二人が肩を並べて……

かのっち「立ち上がりに不安のある能見だけに、うまいことリードしてやらんななあ」
やのっち「それって誰の言葉?」
かのっち「さあ?誰でしょう?」
やのっち「お前、先輩なぶってんのか?」
かのっち「すいません。軽い冗談のつもりで言ったんです」
やのっち「あのなあ……」
かのっち「初回のあそこだけでしたもんね。あとは完璧なリードでしたよ」
やのっち「ジブンに褒められてもなあ……」
かのっち「ほなあの場面、岡田監督、何言ってたか教えましょか?」
やのっち「え?何言うてたって?教えて教えて」
かのっち「何も言わず『うーーん』言うて口ごもってました」
やのっち「な、なんやそら……」
かのっち「へへっ、ドキドキしました?」
やのっち「まだオレをおちょくってんか?」
かのっち「すいません。あ、でも僕の見事な右打ち見てくれました?」
やのっち「しらん!」
かのっち「もおーしらばっくれて。やのっち」
やのっち「先輩に向かって“やのっち”?」
かのっち「あ、僕のことも“かのっち”でいいですよ」
やのっち「……」
| いわほー | 妄想 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメントを投稿する









url: http://mouko1001.jugem.jp/trackback/45