『妄虎千夜一夜物語』

 「妄想は忘れた頃にやってくる」
 「助っ人は忘れたほうが丁度いい」
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
Notice
シーズンが開幕して、リアルなタイガースの前にしばし妄想は霞んでしまうようです。 でも、そんな時も“妄想菌”はしっかり養分を蓄えているのです。いずれ訪れるかもしれない湿りっぱなしの季節に備えて、じわりじわりと……。

〜妄虎千夜一夜委員会〜

↓ご来館の足跡に赤ポチッと!
blogranking
Special Contents
Selected Entries
Recent Comment
Categories
Archives
<< やのっちかのっち、時々のぐっち 〜横浜バースデーズ〜 2007-7-1 | main | やのっちかのっち、時々のぐっち 〜猛暑完封劇〜 2007-8-18 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
やのっちかのっち、時々のぐっち 〜内紛勃発〜 2007-7-14
阪神−中日戦は二日続けて雨天中止。
軽いめの練習で、選手が早々に引き上げはじめたロッカールーム。
いつものように捕手三人が肩を並べて……。

かのっち「かねもっさん、半月板損傷なんですって?」
のぐっち「ワシも今日知ったんや」
かのっち「そんなんで何で野球ができるんですか?」
のぐっち「そんなもんこっちが聞きたいわ」
やのっち「あれなあ、痛みが出ると二週間くらい続くらしいからなあ」
かのっち「へえ、そうなんですか?」
やのっち「ああ、半月痛っ(板)ちゅうてなあ……あはは(汗;)」
かのっち「……」
のぐっち「……」

やのっち「ほんま、恵みの雨やなあ」
のぐっち「かねもっさんとJFKが一番喜んでるんちゃいますか」
かのっち「そういうのぐっさんも、ニヤけてますよ」
やのっち「ま、この時期、ベテランには雨はありがたいわ。けど二日間も空くとナマるよなあ」
かのっち「僕、十分ナマってます」
のぐっち「うん、ジブンちょっと訛っとるよなあ。たしか群馬やったっけ」
かのっち「そういうこと言うてるんじゃないっす」
やのっち「雨で中止が続くと先発投手の調整が難しいんよなあ」
かのっち「二日、スライドしましたからね」
やのっち「試合あったらファン待望の“シモヤノコンビ”やったのになあ」
かのっち「“ファン待望”って……矢野さぁん、ジブンで言いますか(笑)」
やのっち「ちゃうんや、教えたろか?。あんなあ、ふたりはスライドやで。ふたりはスライド、ふたりはスライド、ふはスライド、ふわすらいど、ふわらいどう、付和雷同……。ばんざーいばんざーい」
かのっち「……フワライドって?」
のぐっち「……ワシに英語のこと訊くなって」
やのっち「付和雷同も知らんのんかいな。すぐに他人の意見に同調することやんか。四字熟語辞典持ちあるいてへんのん?」
かのっち「うわっ、選手名鑑以外に四字熟語辞典も持ちあるいてるんですか?矢野さん」
やのっち「ヒーローインタビューで、ちょっと四字熟語なんかを混ぜるとファンのポイント上がるんやで。例えば獅子奮迅とか因果応報とか……」
のぐっち「直球勝負、三者三振……」
かのっち「三番敬遠、四番勝負……」
やのっち「……」

のぐっち「そういえば『やのっちかのっち、時々のぐっち』のタイトル、えらいブーイングの嵐みたい」
かのっち「それって……」
のぐっち「そろそろ『やのっちのぐっち、時々かのっち』に改題してもいいんじゃないかって」
かのっち「“時々かのっち”って、そ、そんなあ(T T;)」
のぐっち「実情にあってるんじゃない?」
かのっち「のぐっさぁん〜」
やのっち「それなら、いっそ『やのっちと愉快な仲間たち』でどない?」
のぐっち「矢野さぁん〜」

| いわほー | 妄想 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメントを投稿する









url: http://mouko1001.jugem.jp/trackback/52